サプライチェーン

新型コロナウイルスによる思いがけないサプライチェーンの途絶が起きています。過去にも東日本大震災やタイの水害など、サプライチェーンは予期せぬ外部要因で危機にさらされてきました。また、SNS上の口コミにより需要が急増するなど、新しい消費者行動への対応も求められます。サプライチェーン担当者は変化に即応して、既存の需要・供給計画へのインパクト分析、新制約下におけるシミュレーション、など新計画策定への行動が求められますが、与えられているのはメールとExcel等の表計算シートのみ、ということも珍しくありません。

こんなシーンでお役に立ちます

需要・在庫・供給計画をクラウド上で一元化・可視化

先を見通しづらい時代におけるサプライチェーン計画業務においては、需要・在庫・供給の各情報が一元管理され、グローバルで最新の同じ数字(ワンナンバー)を元にコミュニケーションし、意思統一が図れること、需要の急増減や供給の途絶が在庫にどのような影響を及ぼすのか様々なパターンをシミュレートできること等、変化に即応できる計画修正能力が欠かせません。Anaplanが提唱するコネクテッド・プランニングでは、本社レベルでの需要・在庫・供給の各情報が連携・連動するのは勿論のこと、販社や小売りまで含むプラットフォームを構築し、ワンナンバーを共有し、変化対応のためのコミュニケーション・コラボレーションを実現可能です。

関連ダウンロード資料

Anaplan for Supply Chain First Call Deck 日本語版

スライドをPDFでダウンロード

関連事例動画

サプライチェーン向け ソリューション(Anaplan for Supply Chain)

S&OP(Sales & Operation Planning) デモ動画

Anaplan Optimizer(最適化) デモ動画

米Circle K社 導入事例

関連ブログ記事