人事

HR Techやタレントマネジメント、戦略人事といったバズワードが世に出て久しいですが、各企業においてその取り組みの効果に疑問の声が多く聞かれます。タレントマネジメントツールを導入したものの、それが一過性のあるいは一部の従業員のスキルデータベース構築に終わってしまった、自社ビジネスの大部分を占めるはずのグローバル拠点の従業員は全く管理できていない、等ここ数年の人事領域の取り組みが経営戦略の方向性や改革に繋がっていないという課題感をお持ちの企業は少なくないのでしょうか。

こんなシーンでお役に立ちます

エビデンスに基づいた戦略的人事の実践

人事業務は本来、経営と最も近いところで戦略的に行われるべきものです。経営計画から導き出される要員計画や採用計画は、全社戦略、注力地域やカテゴリー、人員の生産性、そして自社人財のスキル、経験、キャリア志向等さまざまな情報に基づいて意思決定されなくてはなりません。Anaplanが提唱するコネクテッド・プランニングにより、経理財務や経営企画部門、さらには各事業部門が策定する財務計画や事業計画と連動する形で、そのベースとなる実行計画としての要員・人件費計画をトップダウンとボトムアップの双方向で、そしてグローバルレベルで策定する事を可能にします。また、既存の人事システムやタレントマネジメントシステムに格納されている自社人財の「質」の情報を取り込む事により、中長期的な全社戦略と年々流動性の高まる従業員のキャリア志向や育成プランを融合した戦略的ワークフォースプランニングへと昇華させる事を強力にサポートします。

2021年改定 : Anaplan for Human Resources and Workforce First Call Deck 日本語版

スライドをPDFでダウンロード

関連事例動画

Workforce Planning (WFP) - 要員計画 デモ動画

米Tableau社 導入事例

関連ブログ記事