ホーム > 資料ダウンロード > 資料ダウンロード|自由度の高い開発が可能なAnaplanで収支・案件管理情報を一元化 - 野村総合研究所様

自由度の高い開発が可能なAnaplanで収支・案件管理情報を一元化

自由度の高い開発が可能なAnaplanで収支・案件管理情報を一元化

野村総合研究所 札幌ソリューション開発部は、Microsoft Excel(以下Excel)でそれぞれ処理していた収支予想、案件管理、要員計画などの情報をAnaplanで一元化。収支予想の精度向上や、人的リソースの最適な配置を実現しただけでなく、管理業務に要するマンパワーや工数を大幅に削減するという効果を得た。企業のDX推進を技術面で支援する同社は、自らの実践経験をもとにAnaplanを使ったプランニングのDX化を顧客企業にも提案していくとともに、社内でも他の部門やグループ会社に水平展開していくことを目指している。

ユースケース

  • パイプライン管理、案件別収支にもとづく予算実績収支予想、チーム要員計画と案件のアサイン計画の一元管理

課題

  • 収支予想、案件管理、要員計画のすべてが、Excelでバラバラに処理されており、一元的な状況把握が困難だった
  • 案件単位のExcelへの入力・集計作業を管理職が担当することの時間とコストの問題があり、会社にとって損失である
  • 収支予想のため、基幹系システムの実績データを取り込んでExcelに入力する手間が非常に煩わしかった

目指すべき結果

  • ヒト・モノ・カネの中でも特に重要なヒトのリソース マネジメントを合理化する
  • 余計な手作業の無駄をなくす
  • 基幹系システムの実績データを自動的に取り込めるようにする

選定した理由

  • 時流に合った開発スピードで構築できる
  • ユーザーが要望する機能をスピーディーに実装できる
  • あらゆる業務に対応できる柔軟な設計

導入事例(PDF)をダウンロードして全文をご覧いただけます。
フォームにご記入のうえ資料をダウンロードしてください。